水面と家の関係

ホームへ戻る >  現地の不動産に直接出向いて確認する事  > 水面と家の関係

奈良県の気候はおおむね温暖と言われていますが、盆地の特性である、夏は暑く、冬は寒いという気候や、大和高原などの山岳地方では冬に厳しい寒さである山岳性気候の特徴もあり、県内でも地域によって気候が異なり、それぞれの気温、降水量があり差が大きいといえます。

奈良県は北部に大和川と淀川、北部と南部に流れる紀ノ川、南部の熊野川の4つの大きな川があり、その上流域には水利・水害ダムがたくさん建設されているなどの、水利上の特徴があります。特に、日出岳を中心とする南東山地は、日本屈指の多雨地帯であり、年間降水量が3000~5000ミリに達するほどであります。奈良県で一戸建てを建てる際には、この水利上の特性をよく理解した上で、土地選び、建物選びをしなければなりません。一生に一度の一戸建て住宅という大きな買い物を水害で駄目にすることがないように気をつけましょう。まずは、川に囲まれた土地でないかどうか、土地が水面より下がっていないか、川の堤防はしっかりしているかなどがチェックポイントになります。不動産会社や工務店がもっている土地を購入する場合には担当者に必ず質問しましょう。価格が安い土地ほどそのような傾向にある場合が多いです。