寒さの厳しい自然と共存する

ホームへ戻る >  プラン変更できる注文住宅  > 寒さの厳しい自然と共存する

北海道の一戸建てで重視されるのは、やはり、厳しい寒さ対策ではないでしょうか。北海道といっても、札幌などは、除雪設備も整い、地下鉄網なども発達しているので、案外快適な生活が可能なようです。機密性や断熱性が進歩している北海道の一戸建てには、自然の厳しさに適応する為の、様々な工夫がみられます。北海道の一戸建ては、玄関先に雪が吹き込まないよう、サンルーム風にガラスで覆われているのが特徴です。そこで、身支度を整え、出かけることが可能なので、家の機密性も保たれます。北海道の一戸建ては、個性的で、独自のスタイルに進化しているスタイルが多いように感じます。特に、北海道の札幌などを訪れると、北海道の気候風土を考慮しながらも、都会的で斬新なデザインの一戸建ても多く、厳しい自然と上手に共存しているケースが多いように、感じます。

こうした住まい方は、どのような土地にも当てはまるので、一戸建てを建てる予定のある方は、是非参考にするとよいでしょう。気候や風土が異なれば、当然家の構造や、概観も様々です。県産材や、その地域の建築資材などを積極的に使用し、その土地スタイルの一戸建てを増やすことが、街並みの統一感や経済の活性化にも繋がるのではないでしょうか。