年間12万円も安くなる太陽光発電

ホームへ戻る >  プラン変更できる注文住宅  > 年間12万円も安くなる太陽光発電

瀬戸内海に面した香川県は、面積が日本で一番小さな県ですが、温暖な気候で天災も少なく、非常に暮らしやすい土地です。岡山県とは瀬戸大橋でつながっているのでアクセスも便利になりしまた。讃岐うどんや骨付鳥、瀬戸内の魚など食で豊富で、移住には適した場所です。香川県で一戸建てを建てるうえで注目されているのがオール電化、太陽光発電システムを整備した住宅です。特に太陽光発電は、太陽電池を使って家庭で作られた電力のうち自宅で余った電力を、今までの倍の金額、1キロワット時あたり48円で10年間電力会社に売ることができるようになりました。また、温暖化対策の一貫として、経済産業省による住宅用太陽光発電への補助金「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」制度も利用できるようになりました。

一戸建てでオール電化システムを導入すると、一般家庭の光熱費シミュレーションでは、エコキュートとIHクッキングヒーターの導入することによって、年間の光熱費が12万円近くも安くなるとされています。香川県内の工務店には、オール電化住宅の工事を得意とするところも数多くあります。一戸建てを検討するなら、オール電化住宅を検討してみてはいかがでしょうか。