国内第三位の経済文化都市県に家を建てる

ホームへ戻る >  プラン変更できる注文住宅  > 国内第三位の経済文化都市県に家を建てる

愛知県は、本州の中央に位置する県で、大きく分けて3つの地域から成り立っています。尾張地方、西三河地方、東三河地方になりますが、それぞれ特徴のある工業生産をしています。西三河ではトヨタ自動車があることでよく知られていますが、そのトヨタ自動車をはじめとした自動車産業が盛んです。

尾張地方は各メーカーの生産拠点として知られていますが、代表的なものでは、三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、IHIエアロスペース、東レなどがあげられます。この県の気候は快晴の日が多いのが特徴で、近県では雪が目立つ地方もある中、雪の日は尾張地方以外ではほとんどなく、過ごしやすい気候といえます。東海地方を代表する、国内第三位の経済文化都市県ということもあり、県内の交通の便も良いですが、それだけでなく、東京、大阪への連絡もよく、新幹線「のぞみ」で東京へは1時間36分、大阪へは52分と非常に短い時間で行くことが出来ます。愛知県で家を新築される場合人気の地域は名古屋市内のようです。通勤、通学にも便利な地域ですし、愛知県で家を新築するなら名古屋にという人が多いようです。名古屋市内の中では東区、瑞穂区、昭和区などがあげられ、そういった地域に家を新築したいと望む人が多いようです。