新幹線の停車駅近くに住む

ホームへ戻る >  プラン変更できる注文住宅  > 新幹線の停車駅近くに住む

九州新幹線の新八代~鹿児島中央間が平成16年3月に部分開業しました。開業して5年がたちますが、予想を上回る人気だということです。熊本~鹿児島はこれまで約2時間30分程度の時間がかかっていましたが、部分開業によって約1時間で行き来ができるようになりました。九州新幹線鹿児島ルートは来年度末にも全線が完成する予定で、九州内での利用の他に、本州から九州への旅行など、全国的に利用されることが期待されます。鹿児島県ではこの新幹線の開業にともない、西鹿児島駅から鹿児島中央駅に改称されました。新幹線の停車駅としては、日本で最南端となります。鹿児島中央駅付近では再開発がなされ、ますます便利になったとして新築マンションの分譲が盛んです。駅から徒歩10分以内で、面積80平米以上、3000万円台中心の新築物件が人気を集めているようです。

また、熊本県では二つの駅が新築されました。ダイナミックなアーチが現代的な新八代駅、対照的に横長でメタリックな新水俣駅です。今後の交通拠点として期待が寄せられています。九州地方では新幹線と航空機の競争が盛んでありましたが、九州新幹線の全線開通が実現すると、航空機の利用者が少なくなることが見込まれます。