入れ歯を噛みやすくするために

ホームへ戻る >  普及したインプラントの実績をもつ歯医者  > 入れ歯を噛みやすくするために

審美歯科が多い表参道付近の歯科医院では、機能的な面と審美的な面を兼ね備えた入れ歯治療に取り組んでいるところが多く見受けられます。表参道付近の審美歯科を診療内容に入れている歯科医院に限らず、審美的な面を考慮している歯科医院の数は、年々増えてきているのではないでしょうか。表参道付近の歯科医院を探している時に、クラスプの部分に金具を使っていない入れ歯を制作している歯科医院がありました。調べてみると、クラスプの部分を歯肉と同じピンク色のプラスチックで作成してあり、往来の金属を使用しているものより軽量化されているそうです。歯肉と同じピンク色のプラスチックを使用しているため目立たなくなり、入れ歯だと気付かれにくいというメリットもあります。

ですが、補強をしていないものでは、金属製のものに比べて堅いものがしっかり噛めないことがあるそうです。また、着脱時にクラスプの部分に負担がかかりやすく、クラスプ部分の損傷が起きやすいそうです。そのため、2年程度で新しく作り直さなければならないなどのデメリットがあります。内側の見えない部分に補強のため金属を使用するなど、噛みやすさに関しては対処法がありますので、気になる方は歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。